2004年のブナの全国結実状況
富山県有峰で観察したブナの落下果実数と富山県内で有害駆除されたクマの頭数の関係

○この年のアンケートの回答をいただいた林分は67林分で、その内の5林分のみで結実が観察された。結実林分は北から北海道2林分、長野県と山梨県と山口県の各1林分であった。これは調査林分のわずか7%であった。結実率が8以上の林分は北海道黒松内町歌才と長野県飯山市鍋倉山だけであった。
○富山県有峰では、落下果実は8.4個/屬如△垢戮特鄂いとしいなであった。富山県美女平でも落下果実は2.4個/?で、すべて虫食いとしいなであった。他の林分でも落下果実は認められたが、健全果実は皆無であった。

○富山県有峰で観察したブナの落下果実数と富山県内で有害駆除されたクマの頭数の関係を図示したが、統計的には有意な傾向は認められなかった。2004年はブナだけではなくミズナラやコナラなどのドングリ類が凶作であったために、ツキノワグマが人里へ異常出没したのではないかと考えられる。