富山市有峰ハウス別館裏ブナ林で、有峰森林文化村が主催する「ありみね学びの森」活動で行ったリタートラップ調査結果
富山市有峰ハウス別館裏ブナ林
2005年〜2019年まで調査した結果を表示します。
2014年8月、「ありみね学びの森」報告会で高校生が研修成果を報告している様子。毎木調査、光合成速度の測定結果などを報告している。 16×16屬諒形区を作り、計測を行った結果。

有峰ハウス別館裏ブナ林は猪根平にあり、斜面は0度に近い。ブナの落葉量の平均値は2.36ton/haで、最大値は3.10ton/ha(2016年)、最小値は1.59ton/ha(2011年)であった。1屬△燭蠅離屮覆陵邁七果数は平均119個/屐M邁鴫娘造虜蚤腓828個/屐2005年)、最小は0個(2006年、2010年、2012年、2014年、2016年、2017年、2019年の7回)であった。
ミズナラの落葉量の平均値は2.09ton/haで、最大値は3.53ton/ha(2018年)、最小値は0.82ton/ha(2016年)であった。1屬△燭蠅離潺坤淵蕕陵邁七果数は平均24.0個/屐M邁鴫娘造虜蚤腓130個/屐2013年)、最小は0個(2014年,2015年、2016年の3回)であった。