佐藤植物研究所のホームページへようこそ

ゴヨウマツ類についてへ戻る
ゴヨウマツの針葉断面
la-higashi la-tatiiwa
東赤石山のゴヨウマツの針葉断面 舘岩村のゴヨウマツのの針葉断面
葉肉中に厚膜異形細胞が見られる
ゴヨウマツの針葉形質の地理的変異
needle resin
ゴヨウマツの針葉と断面の模式図
NL;針葉の長さ LA;針葉の背軸辺の長さ LL;針葉の側辺の長さ
NSE;針葉中央の5mmにある鋸歯の数 NST;断面の側辺の気孔数
DE;内皮鞘の直径 DI;背軸側の樹脂道の間隔 DR;樹脂道の直径
FI;断面あたりの異形細胞の数 NH;下皮の細胞層の数
NSX;木部側の厚膜細胞の数 NSS;師部側の厚膜細胞の数
針葉断面に見られる樹脂道の分布から見た針葉タイプの区分
0;樹脂道が無い 機┝脂道が1個ある
供┝脂道が2個ある   掘┝脂道が3個ある
検┝脂道が4個ある
table table2
針葉で観察した部位の記号と単位 針葉形質と環境要因との相関
cluster type
針葉形質を用いたクラスター分析の結果
3つのタイプに区分されるが、地理的なまとまりは見られなかった。
これらのことから、ゴヨウマツ類は針葉形質からは南方タイプと北方タイプの2つに分けることは困難であることが明らかになった。











樹脂道の数と分布により区分した針葉タイプの地理的分布