日本海植物研究所のホームページへようこそ
リタートラップ調査の結果を紹介します。
-------------------------------------------有峰のブナ林へ戻る
西谷ブナ林内に開口部の面積が0.5屬離螢拭璽肇薀奪廚3台設置し、6月から11月までの間、月一回のリターの回収を行った。
地上部の純生産量の推定は依田(1971)に従った。
NPR=A*e^-kWL A=5.0 K=0.083 WL=葉量 
地上部純生産量=NPR*WL
上記の図から、1990年以降5回の大豊作、5回の豊作が認められた。 それ以外の年でも1平方メートルあたり2個〜88個の果実が落下した年 がある。これらの年に落下した果実は虫食いがすべてで、ほとんど発芽 しない。ブナが有効な果実を散布するときは、1平方メートルあたり 100個以上の果実を散布する時であると考えられる。 2020年は凶作で、果実の落花は認められなかった。ブナの落葉量は3.60ton/haで、昨年より多い。地上部生産量も昨年より多くなった。

メインページへ戻る